読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
記事一覧      日常       音楽       考え       ドラマ       映画       CM       Web

【ドラマ】おやじの背中をみて

ドラマ

連続オムニバスドラマ『おやじの背中』ですが、先週の放送で最終回。また楽しみがひとつ減る…。

思い出深い回についての感想。(敬称略でかく)

【スポンサードリンク】


第一話 「 圭さんと瞳子さん 」


脚本は岡田惠和、主演は田村正和&松たか子。
第一話にして個人的No.1。
岡田惠和は家庭を描かせたらまあいいんだけど、今回もすごくよかった。
それに加えて松たか子がいい。
松たか子、演技させたらほんとピカイチな女優だと思っている。
いやほんと松たか子好き。たか子たか子。
私は共依存っていう関係性が大好きなので、こういう2人の関係よい。
瞳子さんって呼ばせてるのがとにかく最高すぎる。

第二話 「 ウエディング・マッチ 」


脚本は坂元裕二、主演は役所広司、満島ひかり。
やはり坂元裕二節!
『非合法じゃないですか、脱法じゃないですか脱法ラブじゃないですか?』とか
『きっとナウシカもブラつけてなかったはず。』とか。
展開どうこうより勢いが良かった。

第六話 「 父の再婚、娘の離婚 」


脚本は橋部敦子、主演は尾野真千子、國村隼。
オノマチ、怒ったり泣いたりの演技が魅力的な珍しい女優だと思う。
溜めて溜めて感情爆発みたいなタイプ系の役だと、めちゃめちゃハマる。
亡くなった奥さんが行きたがっていた旅館に再婚予定の相手と行こうとするシーン、
かなりありえないと思うんだけど*1、わりとすぐ許してて納得しがたい。
これ1ヶ月は口聞いてもらえないパターンですよ。
ただ、旅館の前で写真撮るとこからのタイトル通り(父の再婚、娘の離婚)の展開はいい感じ。
この枠で一般視聴者から求められてるドラマってのはたぶんこれなんだろうっていう出来だった。

第七話 「 よろしくな。息子 」


脚本は山田太一、主演は渡辺謙、東出昌大。
1時間で無駄がなくていい脚本。
↓「 よろしくな。息子 」に関するhikoさんの日記、やはりこの方は感性が鋭い。
http://d.hatena.ne.jp/hiko1985/20140905/p1

第八話 「 駄菓子 」


田中奏生くんがショタかわいい。
男女問わず、釣り上った目が好きみたい。
ただ、これがいいたかっただけ。

第十話 「 北別府さん、どうぞ 」


脚本は三谷幸喜、主演は小林隆。
とにかくいきなり医者になる展開が突飛過ぎ。
こういうのはもう王道の流れとして、
「学校で『お父さんについて』作文を書くという宿題が出される」→「父の仕事を知らず、作文が書けない息子」
→「どんな仕事をしているか聞くが、なかなか答えてくれない父」
っていうプロットがあるので、それを汲んでからの流れとしてほしい。
それにしても酒井若菜ひさしぶりにみた感じする。

全体的に

最初にもいったけど、オムニバスドラマっていう試みがよい。またやってほしい。
ドラマを意識的にみるひとは、脚本とかのスタッフにも目を向けてる人多いので、そういう人はより楽しい。
何人かの脚本家でリレードラマみたいなのも楽しそう。

来季の日曜劇場

来季の日曜劇場は『ごめんね青春!』。
CMがなかなか軽妙なので、見てみるつもり。


満島ひかりへの謎の苦手意識もさらに取り除かれるといいな。

*1:オノマチもきれてたけど