読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
記事一覧      日常       音楽       考え       ドラマ       映画       CM       Web

【日常】最近の映画・音楽・テレビ

いつ恋最終回の感想以来、1ヶ月近く放置してしまいました。
すごく雑なタイトルですが、個別記事を書くほどの熱量がなかったので、この形で書いていきます。
そして、長いので見出しをつけておきます◡̈*


映画

リップヴァンウィンクルの花嫁


岩井俊二の最新作で黒木華、綾野剛とくれば、まあ見るしかないですよね。
結論からいえば、上映時間が3時間ということを忘れさせてくれる良い作品でした。
篠田昇亡き今も岩井俊二作品に光と影はあり。
そして、キャストも総じて最高でした。
夏目ナナのドラマ出演作は何本か見ていますが、まさかこんなに演技できるとは。

ひとつ気になったのは音楽です。
劇伴のほとんどがクラシック曲で構成されていました。
作曲家がこの構成にしたのはなぜ?と思い、作曲家の桑原まこさん(@kuwabara_mako)に質問してみました。


なるほど、構成は岩井さんだったんですね。
自分の中ではかなり腑に落ちました。

また、少し話は逸れてしまいますが、劇伴の中に既成曲を使うという発想について、
作曲家の沢田完(@sawadakan)さんとやり取りさせていただきました。
この前後の文章もぜひとも読んでほしい、大変興味深い内容です。



特にこの発想が私にはないもので、思わず飛びついてしまったことがやり取りの発端でした。

最近、プロフェッショナルでやっていた作曲家・佐藤直紀さんの曲作りは、まさにシーンに寄り添うものでした。
そして、私もこのタイプの曲が好きです。(曲のクライマックスをシーンに合わせるような)
みんな違ってみんないいのですが、面白い体験となりました。

映画の話に戻ります。

何もなかったように

何もなかったように

  • 桑原まこ
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

まあこの曲がなんとも見事です。
荒井由実の曲をCoccoが歌っているのですが、名カバーです。
これが歌われるシーンを見るためだけに、この映画を見てもいい。
Apple Musicに加入しているならば、今すぐに聴いてほしい。
フワフワファンタジーなクラシックの世界から、金属バットで殴られたかのようにガツンと引き戻されます。
満島ひかり、果てはハイ・ファイ・セットにもいえることですが、本当にユーミンのカバーにはハズレがないですね。

まだ映画を観ていないという方は、
「リップ・ヴァン・ウィンクル」という単語の意味をおさえてから観ると、
より楽しんで見られると思います。
オススメ作です。

ちはやふる


原作は既読です。
絶賛の嵐といった印象がありますが、そこまでとは感じませんでした。
原作の重要なシーンがいくつか省かれており、大変不服です。
下の句で拾うかもしれないので、とりあえず黙っておきますが...。
松岡が出るので、下の句も観る予定です。

音楽

最近よく聴いているアルバムたちです。
Apple Musicは素晴らしい。

Living in the Present

Living in the Present

  • Akira Kosemura
  • インスピレーショナル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

雪明り 星明り

雪明り 星明り

  • 木村佳乃
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

幸せな風景

幸せな風景

  • 加藤久貴
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

Tenrosei - Sirius (From

Tenrosei - Sirius (From "Faraway...")

  • 賈鵬芳
  • ニューエイジ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

それぞれの海

それぞれの海

  • 加古隆クァルテット
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


テレビ

乃木坂工事中 / 欅って、書けない?

不覚にも乃木坂46、欅坂46にハマりました。完全に。
日曜夜の0時あたりは、スポーツ番組・ニュース番組しかやっていなくて、
見る番組がないと思っていたのですが、テレ東にこんな燦然と輝く番組があろうとは。
ライブや握手会などはあんまり興味ないのですが、番組は欠かさずチェックしていこうと思います。


個人的にはサイレントマジョリティーより、渋谷川の方が好き。

フックブックロー

朝の癒しのひとときであった「フックブックロー」が番組再編で終わってしまって、つらい。
夕方の「フックブックローミニ」は継続するそうだが、観たいのは朝なので、つらい。
後続番組の「コレナンデ商会」は川平慈英しぐさが強すぎて、つらい。*1

2013年ぐらいから観ていたので、約3年ぐらい観てたことになるんですね。
1回エントリにまとめたこともあります。

この番組のなにが素晴らしかったかというと、前述のエントリでも書いている通り、やはり音楽ですね。
あの"服部隆之"が音楽を手掛けたというだけで、もうリッチすぎるのだが、オリジナル曲だけで80曲近くあり、ボリュームも相当。

そして、出演陣みな歌がうまい。


かいかいだんだん観終えて、出社するのが好きだったのになあ。
ああ、朝が憂鬱だ。

*1:阿澄佳奈は最高