読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
記事一覧      日常       音楽       考え       ドラマ       映画       CM       Web

【ドラマ】問題のあるレストラン 第4話「憎きライバル店をぶっ潰せ!」 感想

ドラマ

第4話あらすじ(フジテレビより引用)

たま子(真木よう子)たちの店『ビストロ フー』はしばらくの間営業を停止する。採算を度外視して食材にこだわるシェフの千佳(松岡茉優)がハイジ(安田顕)と衝突し、メニューの見直しが進まないのだ。たま子は、シェフが作りたいものを作ってもらおうと提案して皆を納得させ、試作に取り組む。


【スポンサードリンク】


ハイライト

f:id:re_fort:20150211003242j:plain


先週のボディパに飽きたらず、CUPSも取り入れてます。

f:id:re_fort:20150211003451j:plain

たま子(真木よう子)が用意したコックタイから各々好きな色を選ぶシーン。

f:id:re_fort:20150211003555j:plain

結実(二階堂ふみ)は緑色を選びます。(後のフラグ)

f:id:re_fort:20150211004108j:plain

面接にて面接官に「きみはなんなの?」と聞かれ、ぽつぽつと答えはじめる結実。
長セリフなので、書き起こしさせていただきます。

結実:私は緑です。幼稚園のときに、セーラームーンっていうアニメがありました。
園庭でよくそのごっこをしてたんですけど、みんなはだいたいセーラームーンとかセーラーマーキュリーを選んで、私はいつも最後まで残ったセーラージュピターで。セーラージュピターのイメージは緑でした。
色には順番があったんです。女の子が赤とかピンクとか色分けされたものを分けるとき、私はいつも緑を選ぶ係でした。選ぶっていうか選んだフリで、緑を取るんです。素直に赤とかピンクを選べる人が不思議でした。
「あなた人生何回目?」って思いました。私まだ1回目だから、赤が欲しいって言えない。
アニメのセーラームーンは敵と戦ってたけど、女の子たちのごっこのセーラームーンはセーラームーンどうしで戦うんです。大人になってそれを別の言葉で知りました。「女の敵は女」だよって。
私は初めからそこで負けていたから、他の子がファッションとか恋とか選ぶとき、私は勉強を選びました。
...好きじゃなかったけど、残ってたから勉強を選びました。
大学に受かって、友達とか家族とかみんな褒めてくれました。
けど、そこにはいつも「女の子なのに変わってるよね」っていうニュアンスが付け加えられてました。
会社に入ってやりたいことをがんばろうって思ってたら、テプラの研修があって、どうしてか女子だけのテプラの研修があったんですけど、同期の子が言いました。
「男は勝てば女に愛されるけど、女は勝ったら男に愛されなくなる。女は勝ち負けとか放棄して男に選ばれて初めて勝利するんだ。」
あれ?じゃあ私一生勝てないじゃんって思いました。だって、緑だもん私。って思いました。
赤もピンクも緑も全部黒ければいいのに。黒いセーラームーンがいたらよかったのにって。

ついに坂元先生の長セリフが来た!!
1話の感想で予測していた通り、やっぱり結実からの発信でしたね〜。

ジュピターが不人気の扱いを受けていることに怒りを表明されている方がいるみたいだけど、
ここでいいたいのはそういうことではありません。

すべてがレッドの戦隊モノは成り立ちません。
誰かが赤をやるなら、緑が誰かしら必要です。

日常生活も同じで、人間との関係性には自身の立ち位置を意識する必要があって、
どの位置にいれば、友人、組織が上手く回るか?
それを考えなければならない場合があります。
結局は、社会における立ち位置、役割はごっこ遊びの延長ということです。
そんなことを考えずに生きて来られているのなら、
それは他の誰かが緑を選んでくれていて、あなたはその恩恵にあずかっているだけの話です。

f:id:re_fort:20150211004828j:plain

なんだかんだあって、星野(菅田将暉)と関係を持ってしまう結実。
自分に好意を向けてくれる相手なので、無条件に好きになってしまいます。

f:id:re_fort:20150211005059j:plain

結実は自ら選んで赤の服を着ます。
これは星野にとっての赤でいたいとの考えもあるのかもしれません。

f:id:re_fort:20150211010746j:plain

一見、対照的な結実と藍里(高畑充希)ですが、元々のルーツは同じでした。
藍里も小さいころは残り物の緑を選ぶ立場だったのです。

大体こういう流れって、
「実は私たち、元は同じなんじゃん...!!」
みたいなことに最後に気付くパターンが多いけど、
今回の場合は既にお互いにルーツが同じことを嗅ぎ取っています。

この描き方はかなりニクイ!!
媚びる生き方を選んだ藍里とそうはならなかった結実。
お互い選択して迎えた現在だけに、両者がいがみあうのは必然。

f:id:re_fort:20150211010703j:plain

星野には一緒に住んでいる彼女がいて、おまえは遊ばれているだけだと伝える藍里。
カッとした結実は「おいパイ食わねぇか」と言わんばかりのスローイングを見せます。

ルーツが同じだけに理解できなくて、こういう行動になってしまうんでしょうか。
得体の知れない相手より少しでも似ている相手のほうが嫌というのはあるだろうけど。
なかなかどうして後先考えられないですね、うーん。
(物語として、リベンジフラグを立たせるという意味ではいいのかもしれないけど...。)

今週のレシピ

今週のレシピは、アンコウのブイヤベース。
これつくれぽ投稿されんのかな?w


今回は結実回でした。
先週に続き、今週もいい展開でした!!(最後の結実の行動以外)
藍里に対して、「僕たち付き合ってるわけだし」とのたまっていた生物、
非常にホラーなので、塀の中に収容されるまで描ききってほしい...!!

★問題のあるレストラン各話感想

問題のあるレストラン 1 (河出文庫)

問題のあるレストラン 1 (河出文庫)

フジテレビ系ドラマ「問題のあるレストラン」オリジナルサウンドトラック

フジテレビ系ドラマ「問題のあるレストラン」オリジナルサウンドトラック