記事一覧      日常       音楽       考え       ドラマ       映画       CM       Web

【ドラマ】最高の離婚をみなおした感想

最高の離婚 ブルーレイBOX [Blu-ray]

最高の離婚Special 2014をみて、また見直してしまいました。*1

【スポンサードリンク】


【ドラマ】最高の離婚Special 2014をみた感想 - changer de ton
上のエントリでも書いたけど、やはり空気感がすごいなーと。
だらーっとしてるときとそれっぽく深いこといってるときとの差がね。

主役の4人は基本的に不安定だ。
その点がなんか今の自分の状況的にもいいなーと思った。
以下、主役4人についての感想だらーっと。

光生(瑛太)について

最高の離婚 ブルーレイBOX [Blu-ray]

光生は自分とあんまり似てないので面白い。
自分はポテチ食べた手でPCさわったりするわ。*2
基本的に素直じゃないうえに不器用なので、結夏にはいろいろと伝わらない。
しかし、感謝の意で結夏のためにロールキャベツつくったりとなにげかわいい一面も。*3
灯里がウソをつかない人(光生)と一緒にいるとホッとするといってたけど、それは真実かもなあ。

光生というか脚本?的に不満があるのは2点。

  • ひとつめは盆栽を心配するシーンについて。
    結夏が家を出てったときは、わりと結夏のことを気にかけるシーンが多い。
    時系列的には結夏が家を出る前だけど、地震が起きたときに「盆栽大丈夫?」的なメールを送ったことがちょっと気になった。
    ついでに結夏も大丈夫?みたいな一文あったほうが良かったんじゃない?*4
    あのとき光生がひとりなら、それでもいいのかもしれないけど、
    灯里と一緒にいて、しかもああいう怖がる素振りを見せてるのだから、なにも感じないかな?と思った。*5

  • ふたつめはアイドルにハマるシーンについて。
    後半も後半にアイドル(でんぱ組.inc)にハマるシーンがあるんだけど、
    このシーンはまったくもっていらなかったなーってかんじ。
    そもそもライブ会場に行くまでの流れも唐突すぎるし。
    ハマるならハマるで、もう少し尺的にも長く描いてくれないと微妙。
    でんぱ組.incの宣伝かなとしか思えなかった。

ちなみに、光生の好きな動物ランキング1位のエミューはこんなかんじだった。

photo by Arthur Chapman

結夏(尾野真千子)について

最高の離婚 ブルーレイBOX [Blu-ray]

序盤の結夏はちょっとイライラするレベルだった。
でも、愛されたら誰にでも付いていっちゃうかんじとかが、だんだんいとしくみえてきた。
一番精神的に不安定で、光生よりも不器用で...一番感情移入してたかも。
結夏が泣き出してしまったとき、光生は妻のこういうところをはじめて見たとかいってたけど、
結婚してからそういうことがある(=知らない一面がある)のってあんまりよくないなあとおもった。

あと、結夏はけっこういいこといってた。

一番最初に思い出す人だよ。一番最初に思い出す人たちが集まってるのが家族だよ。

とか

頭がいいとか知識があるとかより、人を元気にできることのほうが、よっぽど価値があるの。

とか

幸せになるために好きになるわけじゃないから。

とか。
最終的には一番好きな人物でした。

灯里(真木よう子)について

最高の離婚 ブルーレイBOX [Blu-ray]

結夏が現実にはあまりいない女性だとしたら、灯里は現実にいる女性だなあと。
いろいろ感想みてても、女性からあーわかる的な意見が寄せられてる気が。
灯里の割り切れる感じは怖いけどリアルだなあと。
あと、あのスイッチ入っちゃうかんじね。

それと、灯里もけっこういいこといってる。

人は変わらないですよ。十代じゃないんですよ、私たち。今いる自分が、自分なんです。
人が“変われる”とか思うのは、借金と同じでしょ?お給料の中でやりくりしなきゃ。

とか

愛情はないけど、結婚はするんです。信じてないけど、結婚するんです。

とか

嘘つかないってことが、生活するってことだよ。

とか。

最後のはあーそうだなーって。
自分は基本的に外でもホンネで生きてるけど、そうはいっても立ち位置とか気にしなきゃいけないときもあって。
そういうときは外用の顔で接するけど、めんどくささMAXだよね。
だから、家にいるときはウソ偽りなく生きたいよねー。

灯里をみてると家庭環境ってやっぱり大事だなーって思う。
人間の考えとか行動って家庭環境で大きく変わっちゃうかなって。
離婚とか不仲とかの両親がいる環境で育った人には少しズレてしまう人が多い気がして、どうしても偏見をもってしまう。
灯里からもそんなニオイをかんじた。
自分は結婚したらそういう環境にはしたくないなあ。*6

諒(綾野剛)について

最高の離婚 ブルーレイBOX [Blu-ray]

この人については描かれなさすぎなのが不満だった。
例えば、灯里が諒に地図をかいてもらったときに一筆でシューっと書いて、またそれがうまくて感動した!
みたいな話があるのに、絵がうまいことを裏付ける場面を一切描いていない。
諒の勤める美術学校のシーンも何回かあるのに、諒の絵が映されることはない。

最初はなぜかわからなかったけど、見ているうちになんとなくわかった気がする。
たぶん灯里がなぜこの人を好きになったかを共感させたくなかったんだとおもう。
「あーこういう才能があるなら好きになるわー」みたいな。
だから、視聴者側からすると、なんで灯里はこいつのことが好きなんだ??みたいにみえて、
灯里のいう「恋は落ちるもの」的な感じがしてくるのかなーと。
この人についてはあまり感じるとこがないので、感想があまりないw

音楽

音楽は瀬川英史さんです。
全体的に良曲多しだったので、サントラもゲットし、けっこう聴き込みました。


これがしにたくなっていい音楽だ!



まとめ

星10個あったら8個はあげたい!みなおしたけど、やっぱ好きだわ!
表面的な恋愛じゃなくて、不安定でよくわかんなくて〜みたいな裏側をよく表現していたような。
それと、このシーンすき。


SPのあとに続編があるとしたら、亜以子おばあちゃんの死が描かれそうでいやだなあ。
でも、光生と結夏が久しぶりに再会する場としては最適なんだよなあ...。
あーそれにしても結夏にはシアワセになってほしい。

*1:通勤が楽しかった

*2:光生曰く神業的な所業

*3:タイミング悪くて食べてもらえなかったりしたけど

*4:結夏のわたしより盆栽の心配したんですよ!っていう流れもそのほうが自然じゃないかな?

*5:結夏がいるのが当たり前と思ってるところがここにもつながってしまうんだろうか

*6:子供が産まれたあとに愛がなくなったらどうすればいいかわかんない、けっこう考えたけど答えがわかんないな